Experiments of Actin

『インディーズ候補』(泡沫候補)の特徴的な選挙活動を中心に少し変わった選挙、政治関係の話題を取り上げているブログです。

今城睦人の選挙公報(2015年渋谷区長選)

(この記事は同人誌『補導聯盟通信 2015年夏号』に掲載した文章を加筆、再編集したものです)

今回は2015年4月26日に投票が行われた東京都の渋谷区長選に立候補した今城睦人を紹介します。この時の渋谷区長選は有力候補者3人と今城睦人の計4人が立候補していました。

f:id:actin:20200224173258j:plain

選挙公報を上に示します。まず、顔写真を見てみると、まるで仙人のような白い長めのひげが見た者にインパクトを与えています。そして、政策スローガンとして大きく「渋谷区を世界に誇る 安全で健全な町へ」と書いてあります。さらに文字は小さいながらも、目立つ点としては、自らを「渋谷区長選のジョーカー」と称している点も挙げられます。これは他の有力な3候補に対する自らの立ち位置を示しているものと思われます。

具体的な政策を見てみましょう。 この時の渋谷区長選の争点の一つとして、同性愛者のカップルに対して、結婚相当関係の証明書を発行する「同性パートナー条例」がありました。この政策に対し、今城睦人はなぜか大きく反対しており、「同性パートナー条例の即時廃止」と並みいる候補の中で最も激しく反対しています。この他、区議会の二期以上の立候補や議員への献金、ヤジの禁止といった議会に関する政策や防犯カメラの設置、防災、区長が学校を廻ることなどを訴えていました。

このような政策を述べた渋谷区長選のジョーカーこと今城睦人ですが、得票数は728票(総有効投票数70,133票、無効票2,977票)で4人中4位、しかも他の3候補がいずれも2万票以上獲得したという結果に終わり、他候補の当選に影響力を与えられるほどではなく、ジョーカーとしての存在感を残念ながら示せずに終わってしまいました