Experiments of Actin

『インディーズ候補』(泡沫候補)の特徴的な選挙活動を中心に少し変わった選挙、政治関係の話題を取り上げているブログです。

あきらちゃんと学ぶ選挙のイロハ(第8回: 「ヒゲ」で決まった当落劇 -自書式投票と疑問票-)

以前紹介した私が出演と内容監修をしている初心者向け選挙解説動画「あきらちゃんと学ぶ選挙のイロハ」ですが、第8回が公開されました

今回は以下の動画です。日本では基本的に投票用紙に候補者名や政治団体名を書いて投票する自書式投票が採用されていますが、自書式投票は無効票や疑問票が多くなるというデメリットがあります。この動画では疑問票の取り扱いの結果、候補者の顔に生えている「ヒゲ」が選挙の当落を決めたという信じられない事例を紹介してます。

www.youtube.com

今後も定期的に選挙に関する解説動画をアップする予定なので、よろしければ、茗水あきらちゃんのチャンネル登録とツイッターのフォローをお願いいたします。

www.youtube.com
twitter.com

また、第1回から第6回に関する記事は以下の通りです。ご興味のある方はこちらも見ていただけますと幸いです。

actin.hatenablog.com
actin.hatenablog.com
actin.hatenablog.com
actin.hatenablog.com
actin.hatenablog.com
actin.hatenablog.com
actin.hatenablog.com

なお、今回の参考文献情報は以下の通りです。
・徳島・鳴門市議選「ヒゲ」と書いた1票有効 最下位当選者の通称認定/高裁判決, 読売新聞 2006-11-06 東京夕刊, 14.
高松高裁平成18年11月6日平成18(行ケ)2.

あきらちゃんと学ぶ選挙のイロハ(第7回: 選挙権のなかった島 -青ヶ島-)

以前紹介した私が出演と内容監修をしている初心者向け選挙解説動画「あきらちゃんと学ぶ選挙のイロハ」ですが、第7回が公開されました

今回は以下の動画です。1945年から1956年の約10年間、東京都の青ヶ島村では交通至難という理由で住民の国政と都政の選挙権がなかったという話をしています。

www.youtube.com

なお、この青ヶ島村の住民の選挙権かなかったという話については拙著「ヤバい選挙」にて詳しく説明しています。もし、よろしければ、そちらも参照してください。

今後も定期的に選挙に関する解説動画をアップする予定なので、よろしければ、茗水あきらちゃんのチャンネル登録とツイッターのフォローをお願いいたします。

www.youtube.com
twitter.com

また、第1回から第6回に関する記事は以下の通りです。ご興味のある方はこちらも見ていただけますと幸いです。

actin.hatenablog.com
actin.hatenablog.com
actin.hatenablog.com
actin.hatenablog.com
actin.hatenablog.com
actin.hatenablog.com

選挙ドットコムさんに寄稿しました(テーマ: 候補者の党名誤記による参議院選の再選挙の事例)

選挙情報サイトの選挙ドットコムさんに以下の記事を寄稿しました。

go2senkyo.com

今回は1953年の参議院選において、栃木県の佐野市選挙管理委員会が全国区で立候補していた平林剛の所属党名の記載を間違えたことが原因で選挙無効になり、約1年半後に佐野市だけで全国区の再選挙をやることになったということを紹介しています。

なお、本文中で言及しましたが、全国区の候補が決して大きくない自治体にそれなりの数が集まるという事例は災害が起きた際に投票日をその地域だけ延期する繰延投票の時にも起きています。これにつきましては下記リンク先を参照してください。

actin.hatenablog.com

今回の記事および補足情報の文献情報は以下の通りです。

・佐野の再選挙必要か 平林氏の所属誤記 全専売で現地調査, 栃木新聞 1953-04-29, 1.
・平林氏、高裁に提訴 佐野市の党籍誤記問題, 下野新聞 1953-05-03, 1.
・「佐野市の選挙は無効」 党籍誤記 平林氏あす提訴, 朝日新聞 1953-05-05 朝刊, 1.
佐野市参院選 自治庁、再選挙と解釈 渦巻くか保守・革新の戦, 下野新聞 1953-05-05, 1.
・平林剛氏 あす提訴 参院選全国区 佐野市の党籍誤記, 栃木新聞 1953-05-05, 1.
・平林氏、選挙無効を提訴 佐野の参院選 近く東京高裁で審理, 下野新聞 1953-05-07, 1.
・無効原因とならず 佐野市の党名誤記 中央選管の態度, 朝日新聞 1953-05-08 朝刊, 1.
佐野市参院全国区選挙 東京高裁で無効判決 平林氏の党名誤記事件, 朝日新聞 1954-02-08 夕刊, 1.
最高裁で無効判決 佐野市(栃木県)の参院選挙, 朝日新聞 1954-09-24 夕刊, 1.
・十月十七日に再投票 佐野市参院選挙 中央選管で決定, 朝日新聞 1954-09-25 朝刊, 1.
佐野市参院選挙 来月十七日に再投票, 朝日新聞 1954-09-25 朝刊栃木.
・一年五ヵ月ぶりに解決 佐野誤記問題, 読売新聞 1954-09-25 朝刊栃木.
佐野市参院選無効 全国区で六氏が失格 十月十七日に再選挙実施, 下野新聞 1954-09-25, 1.
・中央選管から厳しい通達 「やり直し参院選」券の準備終る, 朝日新聞 1954-09-26 朝刊栃木.
佐野市の再選挙はどう行われるか, 朝日新聞 1954-09-29 朝刊, 1.
・人気 自、左社、右社の順 だれが金的射止めるか 佐野の再選挙 有効投票率は七・五割台?, 読売新聞 1954-09-30 朝刊栃木.
・各派の動き活発化す 佐野 参院選の告示迫る, 下野新聞 1954-10-03, 1.
佐野市参院選の告示迫る, 下野新聞 1954-10-04, 1.
・あすから決戦の火ブタ 十名内外で当落競う 候補失格者は数名程度 佐野の再選挙, 読売新聞 1954-10-05 朝刊栃木.
・きょう告示17日投票 佐野市参院全国区再選挙, 朝日新聞 1954-10-06 朝刊, 1.
・前例のない再選挙 佐野市、前夜の表情 選管委みんな新顔 張切る革新 落着く保守 街の空気は関心薄, 朝日新聞 1954-10-06 朝刊, 7.
・佐野再選挙きょう告示, 下野新聞 1954-10-06, 1.
・佐野の参院再選挙 スタート切る, 朝日新聞 1954-10-07 朝刊栃木.
・舌戦の火蓋切る 佐野の再選挙きのう告示, 下野新聞 1954-10-07, 1.
・新聞紙冠り街頭演説 雨に出鼻挫かれた参院選二日目, 下野新聞 1954-10-08, 6.
・各事務長に聞く皮算用 佐野の再選挙, 下野新聞 1954-10-09, 1.
・連呼合戦、農村地帯へ 佐野 ”運動会”も有効に利用, 下野新聞 1954-10-10, 6.
・保守、革新とも混戦 両陣営に協調の動き 参院選, 下野新聞 1954-10-11, 1.
・佐野選挙の表情 気乗薄の有権者 候補者は「旅人」ぞろい, 朝日新聞 1954-10-12 朝刊, 1.
・佐野参院再選挙あれこれ 駅前で宣伝隊乱戦, 朝日新聞 1954-10-12 朝刊栃木.
・各派”票読み”に焦り 佐野 最後の追込み体制整う, 下野新聞 1954-10-12, 1.
・舞台、旧佐野町に移る 再選挙 各派、得票達成に躍起, 下野新聞 1954-10-13, 1.
・応援弁士続々繰込む 参院選 佐野、騒音の街と化す, 朝日新聞 1954-10-14 朝刊栃木.
佐野市再選挙 各候補最後の追込みへ, 下野新聞 1954-10-14, 1.
・佐野まるで”選挙祭” , 栃木新聞 1954-10-14.
・八候補の争いか 参院選挙 寺田氏の得票に注目, 朝日新聞 1954-10-15 朝刊栃木.
参院再選挙あす投票 名誉回復・なくそう棄権, 朝日新聞 1954-10-16 朝刊栃木.
佐野市民きょう審判 各党の大物乗込む, 朝日新聞 1954-10-17 朝刊栃木.
・果して栄冠誰に? きょう佐野市参院再選挙, 下野新聞 1954-10-17, 1.
参院全国区 佐野市再選挙 平林氏(左社)当選 三年議員, 朝日新聞 1954-10-18 朝刊, 1.
佐野市参院再選挙 市民の”総意”ここに決る, 朝日新聞 1954-10-18 朝刊栃木.
参議院再選挙 佐野市民の審判下る, 下野新聞 1954-10-18, 1.
・赤飯も手回しよく ”やり直し選挙”報いられた口火の主 喜びわく平林新議員事務所, 朝日新聞 1954-10-18 朝刊, 7.
・保守の地盤依然強し 佐野の再選挙 各党自陣に有利な解釈, 下野新聞 1954-10-19, 1.