読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Experiments of Actin

『インディーズ候補』(泡沫候補)の特徴的な選挙活動を中心に少し変わった選挙、政治関係の話題を取り上げているブログです。

浜崎茂の選挙公報(2011年小松市議会選)

(この記事は同人誌『補導聯盟通信 2011年夏号』に掲載した文章を再編集したものです)

今回は2011年4月24日に投票が行われた石川県の小松市議会選に立候補した浜崎茂を紹介します。

浜崎茂は小松市ローカルながら、2004年の小松市議会選に立候補したのを皮切りに小松市議会選や市長選といった小松市の選挙だけではなく衆議院選、参議院選といった国政選挙にも立候補し、ポスターに「地球すいせん」と書いたり、2ちゃんねるの自分のスレッドに投稿する*1などの強烈な活動をしているベテランインディーズ候補です。なお、当ブログでも2013年の小松市長選と参議院選 石川県選挙区、2014年の衆議院選 石川県2区の選挙公報を紹介していますが、この時は選挙公報に「皆殺し」「大量虐殺」と書くなど、内容が余りにも強烈すぎたため、ニュースに取り上げられるなど、世間一般で大きな話題を呼んでいました(このほか、2015年統一地方選小松市議会選に立候補した時の選挙活動を同人誌「補導聯盟通信 2015年夏号」で紹介しています)。

f:id:actin:20160421214651j:plain

選挙公報を上に示しましたが、この2011年の小松市議会選は2004年の小松市議会選、2007年の小松市議会選、2007年の参議院選に続く4回目の立候補であることから、名前の左下に「4度目」という文字が書いてあります。また、この選挙公報を読んでみると、しばしば「神の子」という単語が出てくることに気が付きます。インディーズ候補で「神」といえば又吉イエスが有名で「(対立候補と自分に投票しない有権者は)腹を切って死ぬべき」と述べていますが、浜崎茂も2007年の参院選の際に自らのヤフーブログで「しげるに投票しない奴は死刑!!」と自身に投票しない人物に死を命じていた点は注目されます。この「神の子」発言ですが、上で述べたヤフーブログ以外にもfc2にブログを持っており、そのブログでは「神の子は言う」というサブタイトルでいくつもの記事を書いています。これらのことから、浜崎茂は自らを「神の子」としている可能性が極めて高い事が推測されます。なお、fc2ブログですが、日々精力的に執筆、公開していたものの、選挙後に今まで公開していた記事を削除してしまったことは付記しておきます(なお、この時以外の様々な選挙でも浜崎茂は選挙終了後に突如ブログ記事を消すという行動に出ることが見られます)。

この自身を「神の子」としていることに留意して、選挙公報を読んでみると「当選の必要のない神の子は一切選挙活動を行いません」という一文が見られ、選挙活動を行わないことを宣言し、2007年の参議院選では自身に投票しないもの死刑を命じていたものの、今回は「当選の必要のない」と述べている点は気になります。また、それ以外の文も色々とすさまじく、淡々とした特に目立たないフォントの活字ながら、インパクト十分な内容となっています。

このように衝撃的な活動を行っていた浜崎茂ですが、この時の選挙では得票数316票で立候補者28人中28位*2という結果に終わっています。

*1:現在は削除されてしまいましたが、ザ選挙(現 選挙ドットコム)の自分のページに2ちゃんねるのアドレスを記載して誘導していました

*2:http://go2senkyo.com/local/senkyo/10609