Experiments of Actin

『インディーズ候補』(泡沫候補)の特徴的な選挙活動を中心に少し変わった選挙、政治関係の話題を取り上げているブログです。

五十嵐博臣の選挙公報(2015年江戸川区議会選)

(この記事は同人誌『補導聯盟通信 2015年夏号』に掲載した文章を再編集したものです)

昔の選挙にはしばしば分かりやすい街宣右翼的な過激な右翼候補が立候補していました。しかし、最近ではこのような候補者はほとんど見られなくなっています*1。この2015年の東京都の江戸川区議選に立候補した五十嵐博臣は最近では珍しい昔ながらの街宣右翼タイプの候補です。

f:id:actin:20180616140228p:plain

選挙公報を上に示しました。この五十嵐博臣は「大日本神民塾」という名称の政治団体に所属しており、これは昔ながらの右翼だということを強く感じさせます。内容もいきなり「日の丸世直し」と大書きし、「日本人よ、目を覚ませ!」「日本は畏れ多くも天皇陛下の国、皇国である」という文章に始まっています。そして、「既成政党による、金権腐敗偽善馴れ合ひ政治に終止符を!」「墨夷(アメリカ)自主独立憲法の策定」などの記載があり、昔ながらのある意味分かりやすい右翼であることが示されています。

このような昔ながらの右翼系の候補は雑誌等も注目していたようで実話ナックルズ7月号」*2にて、3ページもかけて紹介されています。この記事によると十代からこのような右翼活動を行っていること、右翼街宣車での選挙活動を考えていたこと(これは公職選挙法に触れるためできなかったとのこと)、右翼関係の人物が入れ代わり立ち代わりで応援演説をしていたこと、ポスターが昔ながらの街宣右翼のビラ的であったこと等が詳しく書かれていました。

さて、このような活動を行った五十嵐博臣ですが、得票数270票(総有効投票数219,956票、無効票5,746票)で58人中58位(定数44)という結果に終わってしまいました。

なお、前述した実話ナックルズの記事によると「今後も機会があれば公的な手段を使って右翼活動を展開したい」とのことで、どのような選挙活動を展開していくのか、気になる所でしたが、選挙活動は見られず、2018年5月に保険金の詐取容疑で逮捕されていました。

www.sankei.com

(7/24追記
本人のブログによると、20日間拘留されたのち、5月28日に嫌疑不十分で釈放されたとのことです。

blog.livedoor.jp

*1:過去に右翼系候補が大量に立候補した理由として、純粋な目的で立候補していた人もいたものの、自民党といった保守勢力から資金を提供されていた候補が多数いたことが挙げられます。このような候補は左派勢力の妨害や減票工作をしたり、選挙用はがきを与党の特定候補に横流ししたりといったことをしていました(これに関しては同人誌 『補導聯盟通信 2016年冬号』に詳しく記載してます)。しかし、時代が進むにつれ、このような資金提供がなくなり(また、同時に活動家自身が高齢化し)、このような資金提供を受けて立候補するタイプの候補はいなくなりました

*2:田口宏睦、結束武郎,現役右翼 選挙に出る,実話ナックルズ,2015年7月号,ミリオン出版