Experiments of Actin

『インディーズ候補』(泡沫候補)の特徴的な選挙活動を中心に少し変わった選挙、政治関係の話題を取り上げているブログです。

桂秀光の選挙公報(2015年茅ヶ崎市長選)

(この記事は同人誌『補導聯盟通信 2015年夏号』に掲載した文章を再編集したものです)

今回紹介するのは2015年4月26日に行われた神奈川県の茅ヶ崎市長選に立候補した桂秀光です。この人物は2003年の茅ヶ崎市長選と衆議院選 神奈川11区、2007年神奈川県の清川村長選と茅ヶ崎市長選、2009年の清川村議会選に立候補した神奈川のローカルながらも経験豊富な候補です。2007年の茅ヶ崎市長選では「茅ヶ崎市政からドラエモンを追い出す市民の会」なる団体の推薦で立候補し、そのすさまじい団体名から色々と話題になりました(このドラエモンとは当時の市長のことを指していたようです)。また、元教員で農学博士の学位を持ち、海外の大学で講師をしているという意外な一面もあります。今回、久しぶりの選挙(ちなみに2011年の茅ヶ崎市長選に立候補を予定していたものの、本人曰く暴行事件の被害者になり、立候補できなかったそうです)*1選挙公報を下に示します。

f:id:actin:20171009214553p:plain

まず、「亀井土建」という具体的な実名を挙げ、無駄な公共事業で土建屋に奉仕する現市政を選ぶか、医科大学と鉄道網整備をする自分を選ぶかという選択を掲げています。また、この医科大設立に関する文章で「藪医者ばかりの茅ヶ崎市立病院」と強烈な文章を記しています。

さらには2014年10月に姉妹都市協定締結のため、茅ヶ崎市長と副市長がハワイに行き、副市長が死亡しましたが、当初詳しい死因が明らかにされておらず、その後、サーフィン中の事故死という説明がなされ、色々と疑惑を呼んだ事件がありましたが、この件についても言及しています。ここでは「殺人事件?!」という文を使い、事故ではなく、殺人の可能性を指摘しています。また、万が一の災害等を想定せず、市長と副市長が同時にハワイに行き、茅ヶ崎市の責任者が不在になっていたことも批判しています。

この他、鉄道計画についてや自身の経歴、ウェブサイト、連絡先を示しています。ウェブサイトについては、内容が多いため、詳しい説明は割愛しますが、現市長への批判や藪医者ばかりと名指しした茅ヶ崎市立病院での体験から市立医科大学の設立を決意たこと、過去の選挙で妨害を受けたこと等が色々と書かれています。

また、rukaruruさんのサイト、広報用掲示板に今回のポスターが紹介されていますので、リンクを下に示します。

rukaruru.hatenablog.com

今回の茅ヶ崎市長選は自民、民主、公明の推薦を受けた現職の服部信明と自民党職員、議員秘書民主党推薦で国政選挙や県議選に立候補した経歴を持ち、今回の選挙では一部市議の支援を受けた対抗馬的新人の鈴木たけし、そしてこの桂秀光という三つ巴の戦いになりましたが、服部信明 44,473票、鈴木たけし 31,053票、桂秀光 10,028票(無効票3,628票)という結果となり*2、ビリで落選はしたものの、供託金ラインは十分超えた上に1万票以上を獲得する大健闘を示しました。なお、2016年末に発行された桂秀光の論文によると、インドの大学に所属しているようですが(現在の状態は不明)、再び、茅ヶ崎方面の選挙に出るのか、動向が注目されるところです。