Experiments of Actin

『インディーズ候補』(泡沫候補)の特徴的な選挙活動を中心に少し変わった選挙、政治関係の話題を取り上げているブログです。

中村勝の選挙公報(2015年港区議会選)

(この記事は同人誌『補導聯盟通信 2015年夏号』に掲載した文章を再編集したものです)

今回、紹介するのは中村勝です。中村勝2011年の大阪府知事選を皮切りに2012年の衆議院選 大阪16区、2013年堺市議会補選 南区選挙区に立候補しており、選挙経験はなかなか豊富な人物です。これらの選挙公報は当ブログでも紹介していますので、下のリンク先を参照してください。

actin.hatenablog.com
actin.hatenablog.com
actin.hatenablog.com

これらの選挙では「二十一世紀日本維新会」なる維新の会と紛らわしい政治団体を立ち上げたり、堺市議会補選では大阪都反対派であった現職市長のスローガンである「堺はひとつ!」という文言を現職市長とは関係がないのに選挙公報に記載するなど、有権者に誤認させて票を集めようと考えられる非常にまずい感じな選挙活動を行っていました。このようにかなり問題のある感じを漂わせる一方で、当ブログでも紹介した『映画「立候補」』では年の離れた幼い娘を一人でかなり大事に育てており、仲睦まじい親子仲が見られました。

このように堺市ローカルのインディーズ候補中村勝でしたが、2015年の統一地方選では、何と4月26日に行われた東京都の港区議会選に立候補しました。議会選に立候補するにはその議会選の選挙権を有している、つまり港区に選挙前から住民票を移していて、3か月以上経過している必要があるのですが、中村勝が何故、住み慣れた堺市から港区に引っ越したのか、大いに謎です。それでは今回の中村勝選挙公報を下に示します*1

f:id:actin:20171005215856p:plain

今回は「議員報酬ゼロを実現する会」という新たな政治団体を立ち上げました。前述したように既存の政治団体に類似した名称を用いていたパターンとは異なり、今回はそういう意味でまともな団体名となっており、いかなる心境の変化があったのか興味深い所です。また、選挙公報の内容も議員報酬ゼロの内容に特化しており、自身のプロフィール以外は議員報酬や政務活動費についてのみ言及しています。

また、rukaruruさんのサイト、広報用掲示板に今回の中村勝のポスターが紹介されていますので、リンクを下に示します。

rukaruru.hatenablog.com

このように今回、堺市から港区に選挙活動を移し、インディーズ候補愛好家界隈に衝撃を与えた中村勝ですが、得票数749票(総有効投票数64,814票、無効票1,135票)で47人中38位(定数34)で落選という結果に終わってしまいました。ただ、地元の堺市から東京都の港区に移ったものの、かなりの票を得て健闘したことが分かります。今後、中村勝が港区で選挙活動を続けるのか、それとも再び堺市に戻るのかは非常に気になる所です

*1:web版では選挙公報がカラーになっていました