Experiments of Actin

『インディーズ候補』(泡沫候補)の特徴的な選挙活動を中心に少し変わった選挙、政治関係の話題を取り上げているブログです。

高橋正明の選挙公報(2015年富田林市議会選)

(この記事は同人誌『補導聯盟通信 2015年夏号』に掲載した文章を再編集したものです)

今回は2015年4月26日に行われた大阪府富田林市議会選に立候補した高橋正明を紹介します。この人物は2011年の富田林市長選と大阪府知事選に立候補した候補で、富田林市長選では「アメリカに貸している六百兆円を返させる千歳一遇*1の今、秘策あり。市長に就任した後、ただちに公表する」と主張したり、大阪府知事選の時には父親ソ連軍を震え上がらせ「アムールの鷹」と呼ばれていたエピソードを突如述べ出すといったことをしていました。この時の活動については以下の記事を参照してください。

actin.hatenablog.com
actin.hatenablog.com

また、当ブログでも紹介した様々なインディーズ候補の戦いを取り上げた『映画「立候補」』では2011年の選挙中に中学の同級生と会えて喜んだり、娘に面白い父親と思われたいなどのほほえましい光景を見ることができます。

f:id:actin:20171003225554p:plain

今回の高橋正明の選挙公報を上に示しました。今回は教育政策に重点を置いているほか、20代の人に呼びかけるようなメッセージも見られ、全体的に若者をターゲットにしている感があります。また、今回は特にアメリカの借金を取り立てる秘策やアムールの鷹発言などのあれ?と思わせるようなフレーズは見られないのも興味深い所です。このような選挙活動をした高橋正明ですが、得票数261票(総有効投票数42,746票、無効票513票)で24人中24位(定数19)で落選という結果に終わってしまいました。