Experiments of Actin

『インディーズ候補』(泡沫候補)の特徴的な選挙活動を中心に少し変わった選挙、政治関係の話題を取り上げているブログです。

後藤輝樹の選挙公報(2016年東京都知事選)

今回は2016年7月31日に投開票が行われた東京都知事に立候補した後藤輝樹を紹介します。

後藤輝樹は2011年の神奈川県議会選を初選挙とし、東京都内の区長選や議会選などの各種選挙に立候補していたインディーズ候補ですが、東京都知事選は今回が初めてです。今までの選挙においては全裸の選挙ポスターなど奇矯な選挙活動で話題を呼びましたが、今回の東京都知事選ではNHKで放映された政見放送において、ひたすら性器の俗称を連呼したため、東郷健以来の2例目である公職選挙法150条の2に基づいた候補者に無断に政見放送の内容を編集されるという歴史的事件が大いに話題となりました。この事件に関してはBLOGOSさんに法的な問題点を解説した記事を寄稿しています。詳細は以下のリンク先を参照してください。

actin.hatenablog.com

また、以下のような名前も書かない*1軍服姿の選挙ポスターや前回、立候補した2015年千代田区議会選*2に用いた全裸ポスターを掲示するなど余りにも奇矯な選挙活動も大いに話題になりました(なお、以前使用した他のポスターも使用していたようです)*3



(注:いずれのポスターも掲示責任者の住所の部分を一部加工しています)

このように世間一般の認識では極めてふざけた活動を行っていたかのように見えた後藤輝樹ですが、選挙公報ではどうだったのでしょうか。選挙公報を下に示します。

びっしりと文字が書かれており、そういう意味ではインディーズ候補らしい選挙公報となっています。しかし、内容を見ると時たま奇妙なものはあるものの、エコカーの普及などの環境問題への言及や全ての公立学校の授業料な給食費等の無料化といったこと、ベーシックインカムの導入、都心の最低賃金を1200円にすること、東京メトロ都営地下鉄の料金体系の見直しなどの具体的な政策や自身の政治信条であるかなり強めのやや排外的な右派的な政策や主張が記されています。また、東京オリンピックパラリンピック中止」と「築地市場移転中止」といったことも記されていますが、これに関しては後藤輝樹のウェブページによると、この2つを主要公約として設定しています。これは他の全ての候補者の選挙公報を見たところ、この2つを訴えている候補は自分しかいないことから、この「東京オリンピックパラリンピック中止」と「築地市場移転中止」を主要公約として設定し、両方とも望む有権者は自分に入れてほしいことを記しています。

選挙公報は特にとんでもなく奇矯なものではなく、具体的な政策を記載していました。さて、色々と話題になった政見放送ですが、実は話題になったNHK版以外の日本テレビ版と文化放送(ラジオ)版の政見放送では内容がいずれも異なり、政治的信条や政策を述べています。また前述したBLOGOSに寄稿した記事でも述べましたが、性器の俗称を連呼したNHK版の政見放送でも東郷健政見放送削除事件の前例を熟知し、表現や言論の自由に関して議論を呼び起こすことを目的としていることをブログで述べています*4*5

NHK
www.youtube.com

日本テレビ
www.youtube.com

文化放送(ラジオ)版: 後藤輝樹本人が自宅で再録したもの
www.youtube.com

このようにNHK政見放送ばかりが話題になったものの、実際は具体的政策を述べ、他候補との政策を比較し、目玉政策を主張したり、話題となったNHK政見放送自体も議論を呼び起こすことを目的とした(方法は議論は呼び起こすものの)まじめな候補でありました。

さて、選挙結果ですが、得票数7,031票(得票率0.107%、無効票73,938票)で21人中13位*6という比較的健闘した結果に終わっています。

*1:ただしポスターには書かなくてはいけない掲示責任者の部分に自身の名前を小さく掲載しています

*2:この千代田区議会選については同人誌で紹介しています

*3:以前の選挙も含めたポスターは後藤輝樹本人のウェブページでも見ることができます

*4:http://gototeruki.blog.fc2.com/blog-entry-378.html

*5:http://gototeruki.blog.fc2.com/blog-entry-395.html

*6:http://www.senkyo.metro.tokyo.jp/election/tochiji-all/tochiji-sokuhou2016/