読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Experiments of Actin

『インディーズ候補』(泡沫候補)の特徴的な選挙活動を中心に少し変わった選挙、政治関係の話題を取り上げているブログです。

選挙ドットコムさんに寄稿しました(テーマ: 選挙の公費負担制度の悪用)

選挙情報サイトの選挙ドットコムさんに以下の記事を寄稿しました。

go2senkyo.com

今回は選挙運動において資金力が大きな差が出てはいけないように新聞広告費や選挙用はがきなどの選挙運動費用の一部を行政が負担してくれる「公費負担制度」を悪用して、金儲けをしていた事例を紹介しています。

記事中には掲載できなかった補足情報ですが、取締りの激化や各方面の監視が強まった結果、選挙用の無料はがきの横流しができなくなり、公費負担制度を悪用しようとした多数の泡沫候補がはがきを大量に余らせる結果に終わりました。この時、驚くべき事にこのような不正を取り締まる組織である選挙管理委員会にはがきを買ってくれるように泣きついたという信じられないような候補がいたようです*1

なお、今回の参考文献情報は以下の通りです。

参院選(東京地方区)にインチキ候補,読売新聞 1956-06-27 朝刊,7.
・相変わらず多い 悪質ホウマツ候補 ひとかせぎねらう,朝日新聞 1960-11-08 朝刊 10.
・裏側からみた総選挙 本社記者座談会,朝日新聞 1963-11-23 朝刊,14.
・ホウマツ候補の台所 広告のリベートで供託金まかなう,朝日新聞 1963-12-29 夕刊, 7.
・選挙運動など改善 公選法改正案成る 供託金を倍額に 「ホウマツ候補」の抑制,朝日新聞 1964-04-20 夕刊,1.
・選挙を食いもの ほうまつ候補 締め出しに法改正,朝日新聞 1965-06-18 朝刊,14-15.
・手を焼くホウマツ候補 金もうけ・売名ねらう,朝日新聞 1967-01-07 夕刊,9.
・「ほうまつ」手を出せず 浄化ムード、監視強まり, 読売新聞 1967-01-09 朝刊, 15.
・ことば 供託金没収,朝日新聞 1977-07-13 朝刊,5.
・選挙広告の国費を食いもの 参院比例区超ミニ新党乱立のウラ 代理店が供託金払う,朝日新聞 1986-07-10 朝刊,22.
・悪用された公営選挙 ”肥後事件”ひな形に 業界、年々競争が激化,朝日新聞 1986-07-10 朝刊,23.

*1:ここでは「泡沫候補」という言葉を使用していますが、「泡沫候補」と「インディーズ候補」のあくまで個人的な使い分けの基準として、今回の様に選挙制度を利用して金儲けをしようとする候補を「泡沫候補」、それ以外の候補を「インディーズ候補」としています