読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Experiments of Actin

『インディーズ候補』(泡沫候補)の特徴的な選挙活動を中心に少し変わった選挙、政治関係の話題を取り上げているブログです。

山口節生、2016年東京都知事選に立候補表明

インディーズ候補

2015年4月のさいたま市議会選に立候補中に8か月の実刑判決が確定して以降、伝説的インディーズ候補である山口節生の動きは謎となっていましたが、ついに7月6日に東京都知事選に立候補を表明すべく会見を行い、その姿を久しぶりに我々の前に現しました。

候補会見はニコニコ生放送YouTubeで見ることができますが(ニコニコ生放送タイムシフト視聴ができる環境が必要ですが、内容が多く、どちらかと言えばこちらがお勧めです)、その会見内容を要約すると以下の通りでした。

  • 習近平とトランプに手紙を送った。トランプに自身の考えた経済政策「セツオノミクス」*1をやらせる(トランプが大統領になると思っている?)
  • 「永遠平和都市宣言」をする
  • オリンピックは予算半減
  • 八王子から都心までリニア新幹線を通す
  • 眼鏡は永久にかけない宣言。視力は2.0(今までは眼鏡をよくかけていました。眼鏡をかけている姿の例としては2011年の埼玉県議会選2015年さいたま市議会選が挙げられます)
  • 自分は冤罪であり、虚偽公文書作成などで埼玉県警の職員500人以上が終身刑になる(ちなみに2015年のさいたま市議会選の選挙公報では「500人が死刑以上の罪を犯している」と記しています)
  • 職業は鑑定士で印鑑や筆跡も鑑定する(本職は不動産鑑定士ですが、実刑が確定したため、資格が停止されているはずです)
  • 今回の政治団体名は「イマニエル・カントの永遠平和による軍備廃棄の団体」(記者に政治団体名を聞かれて、団体名を答えた後「だったっけ」と述べているのが素敵です)
  • 再審請求をしたので刑の執行が停止されたと本人は言っている(監獄の中、入ったつもりもないという発言もあるため刑は執行されたものと思います)
  • キリスト教を超えたと思う。自分は最終的に世界一の人間になった。

個人的には服役経験のせいか全体的に山口節生の会見は以前よりとてつもなさが増しており、少し心配になるレベルと感じました。

また、もう1つ、こちらはかなり重要な心配として2014年の東京都知事選では立候補表明をしたものの、その翌日に突如、資金不足を理由に立候補を取り下げたことがあるなど、候補表明をしても実際には立候補しないことがあり、今回もそのようになるのではないかということが挙げられます。

なお、ここで要約した文を記載しましたが、内容があまりにもすごいので、ぜひ会見を全て見て、とんでもなさを実感することをお勧めします。

(7/14追記: やはり懸念通り、山口節生東京都知事選に立候補表明をしたものの、今回も立候補はしませんでした)

*1:通貨安競争が進むと最終的に戦争に発展すると考えており、通貨安競争を阻止するための政策だそうです