読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Experiments of Actin

『インディーズ候補』(泡沫候補)の特徴的な選挙活動を中心に少し変わった選挙、政治関係の話題を取り上げているブログです。

郡昭浩の選挙公報(2016年衆議院選 京都3区補選 他4選挙)

今回は2016年4月24日に投票が行われた衆議院選 京都3区補選(京都3区は京都市伏見区向日市長岡京市大山崎町がエリア)に立候補した郡昭浩を紹介します。

郡昭浩は愛媛県松山市の人物で地元である衆議院選の愛媛1区や参議院選愛媛県選挙区に立候補しているインディーズ候補ですが、なぜか、今回は地元を離れて、遠く離れた京都の選挙に立候補しています。

まず、今回の選挙の話の前に今まで立候補した2009年と2012年の衆議院選 愛媛1区、2010年と2013年の参議院選 愛媛県選挙区のときの選挙公報を下に示します。

f:id:actin:20160620190354j:plain

f:id:actin:20160620190830j:plain

f:id:actin:20160620191621j:plain

f:id:actin:20160620191029j:plain

いずれも手書きで見た目も強烈ですが、内容もなかなか強烈です。例えば、一番下の2013年の参議院選の時の選挙公報では上半分を使い当時のNHK大河ドラマの「八重の桜」の内容の批判をしています。ただ、一方では所得に応じて消費税の減税パスや免税パスの配布を提言するなど、まともな内容も見られます。

さて、それでは下に今回の2016年衆議院選 京都3区補選の選挙公報を示します。

f:id:actin:20160620191658j:plain

今回も手書きで見た目が強烈ですが、今回も内容も強烈でした。まず、左半分の部分に注目してみましょう。この部分では「午後1時47分。2016年4月7日 私 コオリ昭浩は伏見区役所(鷹匠町39番地の2)の総合案内の前のホールの飲食禁止のテーブルについて、この選挙公報を、自筆で書いています」という細かい日時と場所まで示して、選挙公報を書いている環境を記しています。そして、「伏見区っていい街じゃネエカ」と伏見区をほめ、前任者であり、不祥事で辞任した宮崎謙介を「アホじゃ」と批判。その後、伏見区の良いところを具体的に述べて、「こういう街の国会代表になれたら、イイナア…」と当選への意欲を示しています。そして最後に「午後2:12」とこの左半分を約25分かけて記載したことを記しています。

次に右半分に注目します。「しかし、それはサテオキ……」とはじまり、「午後2:13 2016.4.7」と記して、左半分を書いた直後に右半分の執筆に取り掛かっていることを記しています。この右半分では自民党の党内議論の低調ぶりは目に余る」と記し、現在の自民党の体質に関して、多様性が足りないとして批判しています。このような自民党批判の後に公約を記載していますが、「谷垣さんを総理、石破さんを幹事長、新次郎君(小泉)を震災復興・北方担当・日本創生担当大臣とするよう、私は動くだろう」と自民党の関係者でもないのに、何故か自民党の人事に関することを公約とし、それ以外に関しては「コマゴマとしたことは選挙期間中あるいは当選後語るとして」と選挙公報中では記載がありませんでした。そして、最後には「2016.4月7日 午後2:24 あきひろ」と記載し、この右半分を約10分で書き上げたことを記しています(なお、左半分と合わせるとこの選挙公報は合計40分弱で書き上げています)。

また、この選挙公報では過去の選挙公報と異なり、自分の名前を大きく記載しておらず、最初の部分に記載した「私 コオリ昭浩は~」という文中のみにしかフルネームが記載されていないのも注目するところです。

このような個性的な選挙公報を今回も示した郡昭浩ですが、得票数370票(総有効投票数99,426票、無効票4,221票)で6人中6位で落選*1という結果に終わってしまいました。