Experiments of Actin

『インディーズ候補』(泡沫候補)の特徴的な選挙活動を中心に少し変わった選挙、政治関係の話題を取り上げているブログです。

田村雄二、朝霞市長選に立候補表明

2011年12月に行われた埼玉県の朝霞市議選に立候補した田村雄二という候補者を以前、当ブログで紹介しました。

この時の選挙公報は色々と突っ込み所がある事をその際に紹介しましたが、その突っ込み所の部分の1つして市議選に立候補しているにも関わらず、「次の朝霞市長選に立候補予定」と書き、「溝沼地区以外から朝霞市長を」「地元ではなく、外様人に政権交代を」と市長選への意気込みを結構なスペースを取って主張していた事が挙げられます。

この朝霞市議選では落選してしまった田村雄二でしたが、田村雄二が待ち望んだ朝霞市長選の告示日(2月17日)が迫りつつある2月4日に田村雄二は朝霞市長選の立候補を正式に表明したのです。

選挙:朝霞市長選 田村氏出馬表明 /埼玉

任期満了に伴う朝霞市長選(17日告示、24日投開票)で、政治団体代表の元自衛官、田村雄二氏(66)=諸派=が4日、立候補を表明した。同市長選は無所属の富岡勝則市長(58)が3選を目指し立候補を表明している。

田村氏は記者会見で「無投票になるのを避け、投票率を上げたい。市長は45年間、同一地区からしか誕生していないことも変えたい」などと述べた。昨年12月3日現在の有権者数は10万4429人。
【海老名富夫】

毎日新聞 2013年02月05日 地方版, 選挙:朝霞市長選 田村氏出馬表明 /埼玉

当ブログの朝霞市議選の時の記事でも紹介しましたが、田村雄二は前回の市長選にも立候補しており、今回で市長選に挑戦するのは2回目となります。前回の市長選では現市長の富岡勝則との一騎討ちでしたが、このままだと、今回も一騎討ちの可能性が大です。前回の結果は20,165票対3,958票と得票率16.41%という結果に終わりましたが、今回はどのような結果になるのか、そして、どのような選挙運動をするのか、非常に楽しみな所です。