読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Experiments of Actin

『インディーズ候補』(泡沫候補)の特徴的な選挙活動を中心に少し変わった選挙、政治関係の話題を取り上げているブログです。

マック赤坂、新潟県知事選に立候補?

このブログでも大阪府知事選の話題などで何度か取り上げたマック赤坂ですが、どうも、新潟県知事選に立候補を考えているのではないか、という情報が……。

共産、知事選候補未定のまま

 10月4日告示、21日投開票の知事選の立候補予定者説明会が18日、県庁であった。泉田裕彦知事の陣営のほか、候補擁立をめざす共産党関係者も姿をみせたが、告示まで2週間余りに迫っても、候補者はいぜん「未定」のままだ。

 説明会には同党県委員会の幹部2人が出席。この段階でも候補者が決まらないことに、幹部は「出さないという選択肢はない」と語るにとどまった

 擁立難航の背景には、次期衆院選への準備も進めなければならないことがある。同党は衆院1〜5区の立候補予定者を発表し、19日には6区に立てる候補者を発表する見込みで、県内の6小選挙区の候補が出そろうことになる。同党県委員会幹部は知事選の候補も「なるべく早いうちに発表したい」と語った。

 説明会には、2011年の東京都、大阪府の両知事選に立候補し落選したマック赤坂氏(64)の関係者も出席し、立候補を「検討中」と語った。

朝日新聞 2012年09月19日 共産、知事選候補未定のまま

この記事はあくまで、共産党新潟県知事選に立候補者を擁立できない、という記事であり、マック赤坂の動向を示した記事ではありません。ただ、共産党の事を記した後、最後におまけのように新潟県知事の説明会にマック赤坂の関係者が出席した、と付記されており、おまけであっても、この一文が異様な存在感を示していると思うのは私だけではないはずです。

(このブログ的には)肝心のマック赤坂が実際に新潟県知事選に立候補するかどうか、という点ですが、これに関しては、「検討中」とかっこを付けて表現しており、この記事だけでは立候補するかは判断できません。また、スマイル党の公式ページでも2011年の大阪府知事選の話題しかなく、この段階だけでは立候補するか否かは何とも言えません。ただ、もし、新潟県知事選に立候補するのであれば、大阪府知事選の際には政見放送で「コテコテの関西人でおます」等とご当地的な発言をしたので*1、新潟でもこのようなご当地的な発言が見られるか、そして、一番肝心な大阪府知事選において、エアロビ姿で政見放送に出た上に画面からしばらく消えるパフォーマンス以上の事を新潟県知事選でもしてくれるか、この辺りは個人的には楽しみな所です。

(9/27追記:新潟県知事選への立候補の意向を示したようです。詳しくはこちらを参照してください)

*1:マック赤坂の出身は名古屋で今の本拠地は東京。とはいえ、大学は京大で、その後、大阪の伊藤忠に勤めていたので、関西文化の経験が無いわけではありませんが