読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Experiments of Actin

『インディーズ候補』(泡沫候補)の特徴的な選挙活動を中心に少し変わった選挙、政治関係の話題を取り上げているブログです。

中川暢三、区長になる!

インディーズ候補

「本当に当選してしまったインディーズ候補こと元・加西市長の中川暢三ですが、以前、大阪市長選に立候補宣言をして、撤回したことは当ブログでも紹介しました。その後、動きが不明でしたが、驚くべき事に、どうも、区長になったとの事です。

大阪市:公募区長24人を決定 27歳の元NHK記者も
毎日新聞 2012年06月21日 13時28分(最終更新 06月21日 13時50分)

 大阪市は21日、全国公募していた全24区長の合格者を決定し、発表した。最年少の元NHK記者は27歳で、最高齢の元岩手県職員は60歳。市が「脱原発」を株主提案している関西電力の社員や、昨秋の大阪市長選に出馬表明し、途中で断念した首長経験者も。橋下徹市長は区長を副市長に次ぐ幹部と位置づけ、独自予算などの権限を与える。一部を除き8月1日に就任する。

 全区長の公募は全国初。昨年12月に公募を始め、1461人が応募した。経営管理能力や情報発信力などを基準に選考し、橋下市長や中田宏・前横浜市長らが最終面接して決めた。24人中18人が商社やメーカーなどの出身の民間人で、現職区長は6人。男性は22人、女性は2人。

 旭区長に就任する小川明彦さん(60)は岩手県労働委員会の元事務局長。「決裁過程の簡素化など岩手県で行った業務革新を大阪でも役立てたい。余生を大阪にささげるつ 「学校選択制の導入など教育改革に取り組み、誰もが郷土愛を持てる住吉区にしたい」。住吉区長に決まった吉田康人さん(47)は元大阪府高槻市議で経営コンサルタント。11年の統一地方選では、みんなの党の推薦で高槻市長選に立候補、落選した経験を持つ。「橋下市長の進める大阪都構想に向けた準備を行うのが我々の仕事。地域を歩き、市長の思いを区民に伝えたい」と意気込む。

 大阪府職員の坂本幸三さん(54)は「府市一緒になって大阪を元気にしたい。府市統合の先駆けになれば」と応募の動機を語る。「都市緑化や防災などまちづくりに携わってきた経験を生かしたい」

 東成区長から生野区長にスライドする清野善剛さん(55)は「地域のことをよく分かっている東成区長を希望していたが……」と複雑な心情をのぞかせつつ、「辞令を受けたら新たな場所で頑張るのが公務員。精いっぱいやりたい」と話した。【林由紀子、茶谷亮、熊谷豪】

 ◆大阪市の公募区長に決まった24人◆

就任地  氏名・年齢     現職・経歴
北区   中川暢三(56) 前兵庫県加西市
都島区  田畑龍生(37) 元コンサルタント会社員
福島区  坂本幸三(54) 大阪府事業管理室長
此花区  西原昇(46)  ユー・エス・ジェイ社員
中央区  非公表(42)  海外現地法人社長
西区   高野賢(34)  外資系海運会社社員
港区   田端尚伸(52) 港区長
大正区  筋原章博(49) 大正区
天王寺区 水谷翔太(27) 元NHK山口放送局記者
浪速区  玉置賢司(45) コンサルタント会社代表
西淀川区 西田淳一(57) 三井物産・事業本部次長
淀川区  榊正文(44)  人材派遣会社役員
東淀川区 金谷一郎(56) 淀川区
東成区  森伸人(53)  自営業
生野区  清野善剛(55) 東成区長
旭区   小川明彦(60) 元岩手県労働委事務局長
城東区  細井敦子(51) 機械工具製造会社社長
鶴見区  都倉尚吾(52) 関西電力社員
阿倍野区 羽東良紘(35) トヨタ関連会社社員
住之江区 高橋英樹(50) 住吉区
住吉区  吉田康人(47) 経営コンサルタント
東住吉区 和田智成(50) 経営コンサルタント
平野区  藤井清美(51) 平野区
西成区  臣永正廣(58) 元徳島県那賀川町
(※中央区長は本人の希望で非公表。中央、阿倍野区長は9月1日就任)

大阪市:公募区長24人を決定 27歳の元NHK記者も 毎日新聞 2012年06月21日 13時28分(最終更新 06月21日 13時50分)

区長、とはいっても、選挙のある東京都特別区の区長ではなく、橋下大阪市長が行った、色々話題の大阪市の公募制区長であったようです。ただ、特別区ではなく、政令指定都市の区長とはいえ、北区はあの有名な梅田や中之島を含み、規模が結構大きい所はポイントな気がします。ちなみに以前、紹介した大阪市長選立候補断念の際は平松と橋下のどっちにも付かない的な発言をしていただけに*1橋本市長の下に付いた事は、(当然区長に選ばれたことでものすごく驚いていますが)個人的には驚きの感があります。

さらに、私は、どういうルートで中川暢三が北区長に選ばれたんだろう、ふと思いました。中川暢三は松下政経塾に在籍していたことがある事、橋下派には松下政経塾系の日本創新党が絡んでいる事、といった辺りから、中川暢三と橋下派に何かのつながりがあったのではないかと思いました。とはいえ、単純に元加西市長だからという所だったのかもしれませんし、あるいはそれらが複合して決定された事なのかもしれません。いずれにしても、前述したように、中川暢三が区長に選ばれた事はかなり驚きです。

それと、もう1つ、この記事で気になった所としては、中央区長の所です。ここは大阪府庁といった官庁関係の主要施設や大阪城船場などを有する大阪市内でも重要な地区の一つですが、ここの長である中央区長はただ一人だけ、氏名欄が未公表になっているのです。多分、これは内定者で正式発表の際には名前が明かされるはずですが、何故、非公表にする必要があるのか、結構疑問な感じがしました。