Experiments of Actin

『インディーズ候補』(泡沫候補)の特徴的な選挙活動を中心に少し変わった選挙、政治関係の話題を取り上げているブログです。

同人誌通販いたします

(注:この記事は通販受付中は一番上に来ます)

2017年12月の夏コミで頒布いたしました『補導聯盟通信 2017年冬号』の通販をいたします。価格は大変申し訳ないのですが、梱包コストの関係上、コミケの時とは異なり、『補導聯盟通信 2017年冬号』は1冊600円(送料別)となります(2冊以上購入の場合、2冊目以降は100円引きになります)。『補導聯盟通信 2017年冬号』の内容については下記リンク先を参照してください。

actin.hatenablog.com

今回の新刊は大きな記事が2つあります。

1つは私が執筆した「繰延投票と選挙の延長戦 国政選挙における3つの事例について」です。これは公職選挙法第57条に規定されている、天災などが発生した際に投票日を延期あるいは追加で後日に設定することができるという繰延投票とその実例を紹介しています。具体的には最近起きた事例の他、公職選挙法下の国政選挙で起きた2例(1965年参議院選、1974年参議院選)と公職選挙法の前身の参議院議員選挙法で起きた1947年参議院選の事例を詳しく紹介しています。

もう1つは不明庵拙斎さんが執筆した「なぜトルコの軍政は「短命」なのか 一九六〇年クーデター後と 一九八〇年クーデター後の軍政」は1960年と1980年にトルコで発生したクーデターの背景について概説した上で、その後に敷かれた軍政が、なぜ比較的短期間かつ穏便に終結したのかについて考察を加えた記事となっています。<

この他、自衛隊関連の読み物、漫画などを掲載しています。

新刊以外の既刊も通販をしております。内容詳細は下記の本のリンク先を参照してください。(いずれも価格は送料別、2冊以上購入の場合は2冊目以降は100円引き。)

『補導聯盟通信 2017年夏号』(600円)
『補導聯盟通信 2016年冬号』(600円)(完売)
『補導聯盟通信 2016年夏号』(600円)
『伝説の桑絹村長選 村長選に202人も立候補者が出た村』(500円)『補導聯盟通信 2011年冬号』掲載の同名記事の再販版)
『補導聯盟通信 2015年冬号』(600円)
『補導聯盟通信 2015年夏号』(600円)(完売)
『補導聯盟通信 2014年冬号』(600円)(完売)
『補導聯盟通信 2014年夏号』(600円)(完売)
『補導聯盟通信 2013年夏号』(600円)
『補導聯盟通信 2012年夏号』(600円)

購入をご希望の方はkokuminhodo@gmail.com(スパム対策の為、@は全角になっていますので、半角に修正をお願いします)に希望する本と冊数の連絡をお願いします。折り返し、振込先等の各種手続きのご案内をいたします。なお、「2016年冬号」「2015年夏号」「2014年冬号」「2014年夏号」は完売しました(2015年夏号はActinの執筆した記事の内容をブログに掲載しています)。希望者がある程度いる場合は増刷をしますので、よろしくお願いいたします。

同人誌に興味があるが、コミケやイベントに行く機会が無かった方など、ご検討いただけると幸いです。

五十嵐博臣の選挙公報(2015年江戸川区議会選)

(この記事は同人誌『補導聯盟通信 2015年夏号』に掲載した文章を再編集したものです)

昔の選挙にはしばしば分かりやすい街宣右翼的な過激な右翼候補が立候補していました。しかし、最近ではこのような候補者はほとんど見られなくなっています*1。この2015年の東京都の江戸川区議選に立候補した五十嵐博臣は最近では珍しい昔ながらの街宣右翼タイプの候補です。

f:id:actin:20180616140228p:plain

選挙公報を上に示しました。この五十嵐博臣は「大日本神民塾」という名称の政治団体に所属しており、これは昔ながらの右翼だということを強く感じさせます。内容もいきなり「日の丸世直し」と大書きし、「日本人よ、目を覚ませ!」「日本は畏れ多くも天皇陛下の国、皇国である」という文章に始まっています。そして、「既成政党による、金権腐敗偽善馴れ合ひ政治に終止符を!」「墨夷(アメリカ)自主独立憲法の策定」などの記載があり、昔ながらのある意味分かりやすい右翼であることが示されています。

このような昔ながらの右翼系の候補は雑誌等も注目していたようで実話ナックルズ7月号」*2にて、3ページもかけて紹介されています。この記事によると十代からこのような右翼活動を行っていること、右翼街宣車での選挙活動を考えていたこと(これは公職選挙法に触れるためできなかったとのこと)、右翼関係の人物が入れ代わり立ち代わりで応援演説をしていたこと、ポスターが昔ながらの街宣右翼のビラ的であったこと等が詳しく書かれていました。

さて、このような活動を行った五十嵐博臣ですが、得票数270票(総有効投票数219,956票、無効票5,746票)で58人中58位(定数44)という結果に終わってしまいました。

なお、前述した実話ナックルズの記事によると「今後も機会があれば公的な手段を使って右翼活動を展開したい」とのことで、どのような選挙活動を展開していくのか、気になる所でしたが、選挙活動は見られず、2018年5月に保険金の詐取容疑で逮捕されていました。

www.sankei.com

*1:過去に右翼系候補が大量に立候補した理由として、純粋な目的で立候補していた人もいたものの、自民党といった保守勢力から資金を提供されていた候補が多数いたことが挙げられます。このような候補は左派勢力の妨害や減票工作をしたり、選挙用はがきを与党の特定候補に横流ししたりといったことをしていました(これに関しては同人誌 『補導聯盟通信 2016年冬号』に詳しく記載してます)。しかし、時代が進むにつれ、このような資金提供がなくなり(また、同時に活動家自身が高齢化し)、このような資金提供を受けて立候補するタイプの候補はいなくなりました

*2:田口宏睦、結束武郎,現役右翼 選挙に出る,実話ナックルズ,2015年7月号,ミリオン出版

選挙ドットコムさんに寄稿しました(テーマ: 高齢政治家)

選挙情報サイトの選挙ドットコムさんに以下の記事を寄稿しました。

go2senkyo.com

今回は高齢の政治家について、取り上げています。

今回の参考文献情報は以下の通りです。

wikipedia英語版: Strom Thurmond
wikipedia英語版: List of United States Senators from South Carolina
wikipedia英語版: United States Senate special election in South Carolina, 1954
wikipedia英語版: United States Senate special election in South Carolina, 1956
wikipedia英語版: Mahathir Mohamad
wikipedia日本語版: 内閣総理大臣
wikipedia日本語版: 尾崎行雄
首相官邸ウェブページ>歴代内閣