Experiments of Actin

『インディーズ候補』(泡沫候補)の特徴的な選挙活動を中心に少し変わった選挙、政治関係の話題を取り上げているブログです。

同人誌通販いたします

(注:この記事は通販受付中は一番上に来ます)

2017年8月の夏コミで頒布いたしました『補導聯盟通信 2017年夏号』の通販をいたします。価格は大変申し訳ないのですが、梱包コストの関係上、コミケの時とは異なり、『補導聯盟通信 2017年夏号』は1冊600円(送料別)となります(2冊以上購入の場合、2冊目以降は100円引きになります)。『補導聯盟通信 2017年夏号』の内容については下記リンク先を参照してください。

actin.hatenablog.com

2017年7月に東京都議会選が行われましたが、今回の新刊は都議会選特集として、大きな記事が2つあります。

1つは私が執筆した『都議選はなぜ7月に行われるのか 1965年東京都議会の議長選不正事件と自主解散』で、これは都議会選が7月に行われる原因となった1965年の大規模な都議会議長選の不正事件と自主解散に至るまでの騒動を取り上げています。これは当時、第一党であった都議会自民党の議長予備選挙において、大規模な贈収賄が発覚し、都議会自民党所属の議員が20人弱、逮捕起訴されたことをきっかけに都民の不満が爆発。都議会解散の機運が高まったものの、様々な問題があったため、最終的に国が介入して、法的な整備までも行い、都議会を解散するまでの顛末を紹介しています。

もう1つは不明庵拙斎さんが執筆した『「舌はまだあるか…?」 2017都議選 個性派候補達の演説を評す』で、これは今回の都議会選に立候補したインディーズ候補の演説を様々な角度から採点するというものです。採点対象になった候補はマック赤坂、立花孝志、後藤輝樹、高橋しょうご、武田完兵の5名です。非常に読み応えのある記事となっています。

この他、神学部の授業内容を紹介した記事や自衛隊関連の読み物、漫画などを掲載しています。

新刊以外の既刊も通販をしております。内容詳細は下記の本のリンク先を参照してください。(いずれも価格は送料別、2冊以上購入の場合は2冊目以降は100円引き。)

『補導聯盟通信 2016年冬号』(600円)
『補導聯盟通信 2016年夏号』(600円)
『伝説の桑絹村長選 村長選に202人も立候補者が出た村』(500円)『補導聯盟通信 2011年冬号』掲載の同名記事の再販版)
『補導聯盟通信 2015年冬号』(600円)
『補導聯盟通信 2015年夏号』(600円)(完売)
『補導聯盟通信 2014年冬号』(600円)(完売)
『補導聯盟通信 2014年夏号』(600円)(完売)
『補導聯盟通信 2013年夏号』(600円)
『補導聯盟通信 2012年夏号』(600円)

購入をご希望の方はkokuminhodo@gmail.com(スパム対策の為、@は全角になっていますので、半角に修正をお願いします)に希望する本と冊数の連絡をお願いします。折り返し、振込先等の各種手続きのご案内をいたします。なお、「2015年夏号」「2014年冬号」「2014年夏号」は完売しました。希望者がある程度いる場合は増刷をしますので、よろしくお願いいたします。

同人誌に興味があるが、コミケやイベントに行く機会が無かった方など、ご検討いただけると幸いです。

土居光政の選挙公報(2015年野木町議会選)

(この記事は同人誌『補導聯盟通信 2015年夏号』に掲載した文章を再編集したものです)

政治家には様々な要素が求められますが、基本的にはバカより頭がよいほうが望ましいに決まっています。2015年統一地方選の4月26日に行われた栃木県の野木町議会選に立候補した土居光政は自らの頭のよさを選挙公報で訴えました。下にその選挙公報を示します。

f:id:actin:20170919215244p:plain

写真が本来あるべきところが空欄になっているところが目立ちますが*1、その四角の枠の左側には日本民族史上最高頭脳男 土居光政 69才 降臨」という驚くべき文字列が示されています。日本民族史上最高頭脳男」という文字列から漂う頭のよさとは逆ベクトルの臭いがして、本当に素敵ですが、自ら「降臨」と書いている辺りからも同様の臭いが感じられて素敵です。しかしながら、謙虚であることが頭のよさではありません。「日本史上最高頭脳男」を自称するだけの頭脳を本当に持っていて、町のためによい政策を訴えているかどうか、選挙公報を読み進めて、分析してみましょう。

日本民族史上最高頭脳男」宣言の後、「私の主張」という7の項目に分けた文章がありますが、いの一番に「民主主義の即時撤廃」という主張から始まり、日本史上最高頭脳男であるかの判断はまだこれだけではできないものの、とにかく只者ではないということがわかります。そして、この次の政策は前項と関係したもので「民主主義の発展に寄与した者は、その全財産を没収し、これを死刑に処す」という余りにも物騒というか、壮絶すぎる主張が見られます。さらに次の項目では「警察官経験者、裁判官経験者、副検事経験者についても右に同じ」と警察官と裁判官、そして、検察部門ではなぜか副検事だけを死刑と財産没収の対象枠に入れることを主張しています。次の政策では民主主義への反発は収まったのか「銃刀法の廃止」というものを訴えていますが、それでもこれは穏やかな政策とは言えません。そして、次の項目では再び民主主義的な要素への反発が戻ったのか「階級制社会の確立」という驚くべき政策を主張しています。

このように過激な政策を5つ訴えましたが、残り2つは教育政策を主張しており、その内容は「義務教育は5年間とする」「大学受験に要する全ての資格を廃し、筆記試験のみで、その合否を確定する」とよく見てみると、これもかなり素敵な政策ですが(特に義務教育)、前の5つの主張のインパクトがあまりにも大きすぎるため、相対的にそういうものが薄まっている感はあります。

さて、このような政治的主張の次には学歴を示しています。都立戸山高校を卒業後、早稲田大の理工学部電気工学科を卒業したことが記されていますが、その次の経歴で「某大学大学院理工学研究科卒」となぜか大学院だけ具体的な大学名を記載していないのが気になります。さらに追記として、「この間に日本民族史上最高頭脳男との評価を得る」と記されており、(少なくとも土居光政の中では)「日本民族史上最高頭脳男」というのは自称ではなく、学校にいた間に誰かに評価を受けたものであることがわかります。

このようにわずかな選挙公報のスペースでとにかく只者ではないということを我々に知らしめましたが、この土居光政が「日本民族史上最高頭脳男」であるかの判断は皆様にお任せしようと思います。なお、この土居光政の得票数は18票(総有効投票数10,776票、無効票170票)で18人中18位(定数14)で落選という結果に終わってしまいました。個人的には「日本民族史上最高頭脳男」のリベンジを切に期待します。

*1:自治体によっては、選挙公報の右上に写真を掲載するようにテンプレートを示していることがしばしばあります

後藤輝樹の選挙公報(2015年千代田区議会選)

(この記事は同人誌『補導聯盟通信 2015年夏号』に掲載した文章を再編集したものです)

今回は2015年統一地方選の4月26日に行われた東京都の千代田区議会選に立候補した後藤輝樹を紹介します。2011年の統一地方選の神奈川県議選 横浜市選挙区で選挙デビューして以降、様々な選挙に立候補し、右派的な主張をしている他、強烈な活動で耳目を集めています。特に2016年東京都知事選では史上2度目となる政見放送削除という事件が起き、当ブログでもこの件について、紹介しています。

actin.hatenablog.com
actin.hatenablog.com

この2015年の千代田区議選でも強烈な選挙活動で一躍話題になりました。それは余りにも異様すぎるポスターによるものです。今回もrukaruruさんのサイト、広報用掲示板にそのポスターが掲載されていますので、そのリンクを下に示します。

rukaruru.hatenablog.com

裸な上に刀を持っています。裸で銃を持つ男ならぬ、裸で刀を持つ男です。正直、裸であるだけでもアレすぎるのに、刀を持っている点が非常に危ない感じがして、道端でこのような人物を見かけたら、脱兎のごとく逃げたい感じがものすごくします。後藤輝樹のウェブページに掲載されている2013年東京都議会選 千代田区選挙区で立候補した時のポスターも全身タイツで色々とアレすぎる格好でしたが、今回は自身の名前で大事な所を隠してはいるものの、比較にならないレベルですさまじすぎます*1

それでは、選挙公報を下に示します。

f:id:actin:20170918202306p:plain

いきなり、昔の少女漫画系の読者コーナー的なイラストが目に付きます。どうも髪型等を見てみると後藤輝樹本人をイラスト化したもののようですが、余りにも美化されている気がします。特にこのイラストでは刀を持っていますが、ポスターの画像を考えると、色々と素敵さが増している感もあります。

政策を見てみると、天皇を元首にするという政策や「自虐史観」「アメリカの言いなりにならず、周辺諸外国の反日的態度に屈さず」「千島列島、南樺太竹島を奪還」と最近のネットの右の方の世論に親和性の高い文章ばかり見られますが*2、「愛国心を口実に、嫌悪感を抱く他民族への罵倒等は断固否定」とレイシズム的なものに対しては嫌悪感を示してはいます。また、エコカーの普及等の環境問題への取り組みや給食に無農薬無添加食材を用いることを挙げている点は興味深い所です。

このようにこの選挙以前と比較すると明らかにとてつもない選挙活動を展開した後藤輝樹ですが、得票数130票(総有効投票数20,879票、無効票324票)で38人中36位(定数25)で落選という結果に終わってしまいました(なお、37位は51票、38位は40票)。

なお、選挙後に本人のウェブページである「後藤輝樹様のオフィシャルサイト」*3では、次回のポスターは公募を予定していることが述べられていました。このポスター公募のルールは「後藤輝樹の名前が入っていること」「法律に触れないこと」「人種差別的なものがないこと」「製作費は全て応募者負担で賞金はなし」「写真等の素材は勝手に拾って使え」とのことで、「俺を素材に、おもちゃにして遊べ」という極めて豪気なことが書かれていました。さらに驚くべきことに基本全てのポスターを採用し、ポスター掲示場に掲載することで応募された選挙ポスターのナンバーワンをネットで決めるという、すさまじいことを企画していたようですが、これは残念なことに今のところ実行されていません。

*1:なお、ポスターが異様になったのは2013年の東京都議会選からであり、それ以前は比較的まともな感じではありました

*2:とはいえ、千島列島と南樺太の領有までという、広範囲なものは右翼でもそこまで見られず、逆に左である共産党に見られる程度ではありますが

*3:自ら"様"を付けているのが素敵です