読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Experiments of Actin

『インディーズ候補』(泡沫候補)の特徴的な選挙活動を中心に少し変わった選挙、政治関係の話題を取り上げているブログです。

同人誌通販いたします

同人

(注:この記事は通販受付中は一番上に来ます)

2016年12月の冬コミで頒布いたしました『補導聯盟通信 2016年冬号』の通販をいたします。価格は大変申し訳ないのですが、梱包コストの関係上、コミケの時とは異なり、『補導聯盟通信 2016年冬号』は1冊600円(送料別)となります(2冊以上購入の場合、2冊目以降は100円引きになります)。『補導聯盟通信 2016年冬号』の内容については下記リンク先を参照してください。

actin.hatenablog.com

ちなみに今回の新刊『補導聯盟通信 2016年冬号』で私は「死人が立候補した選挙 1963年東京都知事選 事件が相次いだ歴史的選挙」を執筆しています。内容は1963年の東京都知事選において、前代未聞の候補者が戸籍上死亡していた事件のほか、革新候補への派手な選挙妨害や現職候補のポスター証紙の偽造事件、さらには組織的な選挙違反が発覚した事を取り上げ、この選挙がいかに歴史的にとんでもない選挙であるか、そしてこの選挙で稀代の悪質な泡沫候補「肥後亨」がどのように動いたのかということを取り上げています。

また、不明庵拙斎さんが執筆した「公明党はなぜ選挙に強いのか? ~現役学会員へのインタビューから 見えてきたその巧みな選挙戦構造~」は現役の創価学会員にインタビューし、公明党の選挙戦について分析した非常に読み応えのある記事です。

この他、大学の神学部の内部事情に関する記事や自衛隊関係の読み物を掲載しています。

新刊以外の既刊も通販をしております。内容詳細は下記の本のリンク先を参照してください。(いずれも価格は送料別、2冊以上購入の場合は2冊目以降は100円引き。)

『補導聯盟通信 2016年夏号』(600円)
『伝説の桑絹村長選 村長選に202人も立候補者が出た村』(500円)(『補導聯盟通信 2011年冬号』掲載の同名記事の再販版)
『補導聯盟通信 2015年冬号』(600円)
『補導聯盟通信 2015年夏号』(600円)(完売)
『補導聯盟通信 2014年冬号』(600円)(完売)
『補導聯盟通信 2014年夏号』(600円)(完売)
『補導聯盟通信 2013年夏号』(600円)
『補導聯盟通信 2012年夏号』(600円)

購入をご希望の方はkokuminhodo@gmail.com(スパム対策の為、@は全角になっていますので、半角に修正をお願いします)に希望する本と冊数の連絡をお願いします。折り返し、振込先等の各種手続きのご案内をいたします。なお、「2015年夏号」「2014年冬号」「2014年夏号」は完売しました。希望者がある程度いる場合は増刷をしますので、よろしくお願いいたします。

同人誌に興味があるが、コミケやイベントに行く機会が無かった方など、ご検討いただけると幸いです。

選挙ドットコムさんに寄稿しました(テーマ: 当選人0人の選挙)

選挙ドットコム 外部寄稿 選挙

選挙情報サイトの選挙ドットコムさんに以下の記事を寄稿しました。

go2senkyo.com

1月30日に行われた鹿児島県西之表市長選では6人の候補者が乱立し、誰1人として法定得票数に届かなかったため、当選人なしという結果に終わりました。今回は選挙で候補者がいるにもかかわらず当選人0人となる場合はどのようなケースがあるかということをいくつかの実例を挙げ、紹介しています。

記事中で紹介した2011年の千葉県議会選 浦安市選挙区ですが、こちらに関しては、選挙事務が執行されず一般に配布されなかった選挙公報を含めて、ブログで詳細を紹介しています。下の記事を参照してください。

actin.hatenablog.com

また、補足情報として、法定得票数といくつか選挙無効の理由を紹介します。

まず、法定得票数についてですが、以下のように規定されています。

選挙の種類 法定得票数
衆議院 小選挙区 有効投票総数/6
参議院 選挙区 有効投票数/(6×定数)
知事、区市町村長 有効投票総数/4
地方議会議員 有効投票総数/(4×定数)

比例区には法定得票数はない。ただし、衆議院小選挙区比例区で重複立候補している場合、小選挙区での得票数が有効投票総数の10%未満(供託金没収点未満)の時は比例区で当選する権利を失う。


次に選挙無効の理由です。まず、記事中で紹介した事例を紹介します。

投票用紙を間違って交付した事例ですが、これは2005年の宮城県石巻市議会選で起きた事例です。同時に行っていた市長選の投票用紙を間違って43人に交付してしまい、無効票が出てしまったため、選挙無効となりました。

また、現職が職権を利用して、他の候補予定者を立候補させなかったため、選挙無効になった事例ですが、これは2001年の新潟県粟島浦村長選で起きた事例です。これは立候補予定者に対し、立候補できないように立候補に必要な戸籍抄本の発行を村長命令で拒否して、現職村長が無投票当選をしたというものです。

記事では紹介できなかった面白い事例としては1991年の鹿児島県の伊仙町長選*1では不在者投票に不正があるとして、約1000人(!)*2が町役場に押しかけて開票作業を妨害し、約300票の不在者投票が不受理となったため選挙無効となった事例や2003年の愛知県の可児市議選で電子投票システムの不具合で選挙無効となった事例があります。

なお、今回の記事における参考文献情報は以下の通りです。

清水聡, 気骨の判決―東條英機と闘った裁判官, 新潮社 2008.
・矢澤久純, 清水聡, 戦時司法の諸相 ―翼賛選挙無効判決と司法権の独立―, 溪水社, 2011.
・石川縣の選挙遣直し 知事側の上告大審院にて敗訴, 朝日新聞 1916-11-28 朝刊, 5.
・石川選挙無効, 朝日新聞 1916-11-29 朝刊, 3.
・石川縣 選挙無効判決理由, 朝日新聞 1916-12-07 朝刊, 3.
・千葉縣再選挙 大審院の判決, 朝日新聞 1917-12-07 朝刊, 2.
・不在者316票が不受理 開票所騒動で時間切れ 伊仙町長選, 朝日新聞 1991-04-22 朝刊 西部本社, 15.
・8月の広陵町長再選挙で対立一掃したい 出馬の田村収入役決意, 朝日新聞 1993-07-09 朝刊 奈良.
・91年の徳之島・伊仙町長選、やり直し、 選挙無効を最高裁が支持, 朝日新聞 1993-09-03 夕刊, 1.
・伊仙町議選、選挙無効確定 全町議失職、再選挙へ 最高裁, 朝日新聞 2001-12-18 朝刊 西部本社, 8.
・門川町議選の無効裁決 不在者未開票めぐり、宮崎県選管, 朝日新聞 2002-07-17 朝刊 西部本社, 30.
・町長、立候補を表明 入善町長選訴訟、上告せず失職へ/富山, 朝日新聞 2002-07-24 朝刊 富山, 31.
・「選挙は無効」新潟・粟島浦村長失職、立候補阻止認定 最高裁判決, 朝日新聞 2002-07-30 夕刊, 14.
・無効確定、再選挙へ 沖縄・豊見城市長選, 朝日新聞 2003-01-28 夕刊 西部本社, 2.
・札幌市長選再選挙、異議申し出なし 投票、来月8日有力, 朝日新聞 2003-05-01 朝刊 北海道, 28.
・昨年の佐賀市議選「無効」失職確定、再選挙へ 最高裁が上告棄却, 朝日新聞 2004-03-31 朝刊, 2.
・波乱、広がる波紋 市長「市民におわび」 可児市議選の無効確定, 朝日新聞 2005-07-04 朝刊 名古屋本社, 1.
石巻市議選 無効確定、再選挙へ, 朝日新聞 2006-04-21 朝刊, 33.
加美町長選 再選挙 無念と気勢と 三役不在に懸念も, 朝日新聞 2007-04-24 朝刊 宮城全県, 35.
錦江町長選 再選挙へ, 朝日新聞 2009-11-06 夕刊 西部本社, 9.
・投開票事務を「拒否」 千葉県議選 浦安市長が表明, 朝日新聞 2011-04-02 朝刊, 29.
浦安市に対し県選管是正指示 千葉県議選, 朝日新聞 2011-04-02 夕刊, 8.
・投開票実施拒否 浦安は再選挙へ, 朝日新聞 2011-04-11 朝刊, 18.
浦安市選挙区の当選人なしと決定 千葉県議選, 朝日新聞 2011-04-12 夕刊, 9.
西之表市長選 再選挙へ 首長選では県内初, 朝日新聞 2017-01-30 朝刊 鹿児島全県, 27.

*1:ここは2つの勢力が激しく対立し、しばしば熾烈で無茶苦茶な選挙が行われることで有名な徳之島の町であったりします

*2:当時の町人口が約9000人。ただし、徳之島には複数の自治体が存在し、島全体で2つの勢力が激しく対立しているため、他の自治体からも応援が来た可能性があります

選挙ドットコムさんに寄稿しました(テーマ: 2016年の少し変わった選挙の出来事)

外部寄稿 選挙ドットコム 選挙 インディーズ候補

選挙情報サイトの選挙ドットコムさんに以下の記事を寄稿しました。

go2senkyo.com

今回は2016年の少し変わった選挙の出来事を5つ取り上げています。

なお、記事タイトルが「日本一の選挙マニア」となっていますが、このタイトルは編集さんに付けていただいたもので、私がこのタイトルを提案したわけではないことを述べておきます(実力もないですし、恥ずかしくて自分で「日本一」なんて名乗れません)。とりあえず、「日本一の選挙マニア(笑)」とでも読んでいただけますと、実情には近いのではないかと思います*1

また、この記事では諸事情により1-5位のランキング形式になっていますが、個人的には

1位: 後藤輝樹の政見放送削除事件
2位: 姫島村長選
3位: 東京都知事選の合同立会演説会
4位: 「支持政党なし」全国デビュー
5位: 富山市議会大量辞職事件

という感じでしょうか。

後藤輝樹の政見放送削除事件は史上2例目の公職選挙法150条の2が適用されたもので、選挙史上に残るものであり、1位は間違いありません。なお、後藤輝樹の政見放送削除事件に関しては他サイトで解説した記事もありますので、そちらも参照してください。

actin.hatenablog.com

2位の姫島村長選も後藤輝樹の政見放送削除事件が無ければ、ぶっちぎりの1位になった事は間違いありません。また、3位の東京都知事選の合同立会演説会も上位2つよりはインパクトが落ちるものの、インディーズ候補の生演説が見れるという意味でもインパクトの強い事件でした。

今回の参考文献情報は以下の通りです。

Actin, 原則「編集厳禁」の政見放送。差別用語に他人への侮辱…どこまでが許されるのか?, 選挙ドットコム, 2016-02-21.
宮原ジェフリー, 【選挙ウォッチャー レポート】異色の政治団体「支持政党なし」。メディアの興味もなし!?, 選挙ドットコム, 2016-06-21.
神田敏晶, なぜ?東京選挙区に「支持政党なし」の比例区のポスターが?しかも4連続で貼られているのか?と一瞬思った人へ, 選挙ドットコム, 2016-07-01.
後藤輝樹, 後藤輝樹のポコチンの時間です。, 後藤輝樹様のオフィシャルブログ, 2016-07-26.
兼子草平, マニアにはたまらない。東京都知事選の立候補者21名中12名が集結!, 選挙ドットコム, 2016-07-28.
兼子草平, 12名の都知事選候補者、合同演説会。あのレアな候補者も登壇!(後半), 選挙ドットコム, 2016-07-29.
Actin, ある一家の支配が60年続く現実が日本にあるんです。そう、大分県に・・・, 選挙ドットコム, 2016-10-15.
Actin, ファミレスおごったら議員が全員辞職したって話、知ってる?, 選挙ドットコム, 2016-10-26.
選挙ドットコム編集部, 61年ぶりの姫島村長選挙がいよいよスタート!67歳の新人候補に本音をインタビュー!, 選挙ドットコム, 2016-11-01.
鈴木春香, 61年ぶりの選挙戦、現職が当選 大分・姫島村長選, 朝日新聞デジタル, 2016-11-06 20時24分.
吉田真梨, 政活費不正の富山市議会、領収書ネット公開など条例改正, 朝日新聞デジタル, 2016-12-16 11時34分.
支持政党なしウェブサイト 2017-01-06閲覧.

*1:全くの余談ですが、日本一を名乗っていると、「日本じゃあ二番目だ」と言う男がやってきて、「じゃあ一番は?」と聞くと舌打ちしながら自らを指さし、最終的にはその男に「飛鳥五郎を殺したのは貴様だな」と言われながら、やられるという展開が思い浮かびます。