Experiments of Actin

『インディーズ候補』(泡沫候補)の特徴的な選挙活動を中心に少し変わった選挙、政治関係の話題を取り上げているブログです。

同人誌通販いたします

(注:この記事は通販受付中は一番上に来ます)

2017年12月の夏コミで頒布いたしました『補導聯盟通信 2017年冬号』の通販をいたします。価格は大変申し訳ないのですが、梱包コストの関係上、コミケの時とは異なり、『補導聯盟通信 2017年冬号』は1冊600円(送料別)となります(2冊以上購入の場合、2冊目以降は100円引きになります)。『補導聯盟通信 2017年冬号』の内容については下記リンク先を参照してください。

actin.hatenablog.com

今回の新刊は大きな記事が2つあります。

1つは私が執筆した「繰延投票と選挙の延長戦 国政選挙における3つの事例について」です。これは公職選挙法第57条に規定されている、天災などが発生した際に投票日を延期あるいは追加で後日に設定することができるという繰延投票とその実例を紹介しています。具体的には最近起きた事例の他、公職選挙法下の国政選挙で起きた2例(1965年参議院選、1974年参議院選)と公職選挙法の前身の参議院議員選挙法で起きた1947年参議院選の事例を詳しく紹介しています。

もう1つは不明庵拙斎さんが執筆した「なぜトルコの軍政は「短命」なのか 一九六〇年クーデター後と 一九八〇年クーデター後の軍政」は1960年と1980年にトルコで発生したクーデターの背景について概説した上で、その後に敷かれた軍政が、なぜ比較的短期間かつ穏便に終結したのかについて考察を加えた記事となっています。<

この他、自衛隊関連の読み物、漫画などを掲載しています。

新刊以外の既刊も通販をしております。内容詳細は下記の本のリンク先を参照してください。(いずれも価格は送料別、2冊以上購入の場合は2冊目以降は100円引き。)

『補導聯盟通信 2017年夏号』(600円)
『補導聯盟通信 2016年冬号』(600円)(完売)
『補導聯盟通信 2016年夏号』(600円)
『伝説の桑絹村長選 村長選に202人も立候補者が出た村』(500円)『補導聯盟通信 2011年冬号』掲載の同名記事の再販版)
『補導聯盟通信 2015年冬号』(600円)
『補導聯盟通信 2015年夏号』(600円)(完売)
『補導聯盟通信 2014年冬号』(600円)(完売)
『補導聯盟通信 2014年夏号』(600円)(完売)
『補導聯盟通信 2013年夏号』(600円)
『補導聯盟通信 2012年夏号』(600円)

購入をご希望の方はkokuminhodo@gmail.com(スパム対策の為、@は全角になっていますので、半角に修正をお願いします)に希望する本と冊数の連絡をお願いします。折り返し、振込先等の各種手続きのご案内をいたします。なお、「2016年冬号」「2015年夏号」「2014年冬号」「2014年夏号」は完売しました(2015年夏号はActinの執筆した記事の内容をブログに掲載しています)。希望者がある程度いる場合は増刷をしますので、よろしくお願いいたします。

同人誌に興味があるが、コミケやイベントに行く機会が無かった方など、ご検討いただけると幸いです。

選挙ドットコムさんに寄稿しました(テーマ: 公職選挙法が準用される各種選挙)

選挙情報サイトの選挙ドットコムさんに以下の記事を寄稿しました。

go2senkyo.com

今回は公職選挙法が準用される財産区議会選挙や過去実施された教育委員会選挙などの一般的な選挙とは異なる選挙を取り上げています。

記事中では紹介できなかった情報を2つ紹介します。

1つは教育委員会選挙になり手がいなかった地域で驚くべきことが起きたケースです。1952年の長崎県の南串山村(現・雲仙市)では教育委員の立候補者がいなかったため、青年団や集落代表、村議会議員たちが協議の結果、巣鴨刑務所で服役中の村出身の戦犯を推薦するという信じられないような事が起きました。戦犯には選挙権も被選挙権も存在したため、このようなことができたのですが、文部省は現段階で出所の見込みがない人を推薦するなんて非常識であるとコメントを残しています。

もう1つは教育委員会選挙は1956年に廃止されたものの、1978年に東京都中野区が準公選制と呼ばれる制度を条例により導入したという事例です。これは教育委員の候補者を募り、はがきによる住民投票を行い、その結果を参考にして区長が教育委員を任命するというシステムです。これにより、様々な効果が得られたものの、公選制時代と同様の弊害が指摘された事もあり、この中野区の準公選制は1995年に条例が廃止されたことで終わりを迎えました。

今回の参考文献情報は以下の通りです。

・初の教育委員選挙 東日本各地にみる, 読売新聞 1948-09-05 朝刊, 1.
・初の教育委員選挙 西日本, 読売新聞 1948-09-07 朝刊, 1.
・迫る全國"教育知事"選挙 依然多い教員関係, 読売新聞 1948-09-27 朝刊, 1.
・教育委員選挙 出揃う立候補者 総数七九二名に上る 一般に低調ながら東京が最激戦, 読売新聞 1948-09-29 朝刊, 1.
・教育委員 初の選挙終る 東京都の棄権七割余 投票率は長野縣が最良, 読売新聞 1948-10-06 朝刊, 1.
・教育委員選挙・大勢決す 保守勢力が圧倒的, 読売新聞 1948-10-07 朝刊, 2.
・教育委員・二年の足跡 教育費増額に活動 "新顔ボス"が入れかわる, 朝日新聞 1950-10-13 朝刊, 3.
・教育委選挙開票進む 投票率僅かに五割, 読売新聞 1950-11-11 朝刊, 1.
・棄権の新記録 これでよいのか教育委員選挙 投票一割七分五厘(23区), 読売新聞 1950-11-11 朝刊, 2.
・社説 教委選挙を再検討せよ, 朝日新聞 1952-07-08 朝刊, 1.
・嫌われる教育委員選挙 既に21都縣が反対, 読売新聞 1952-09-02 朝刊, 3.
・五県が無投票当選 県教委立候補締切る 平均一・六倍の低調, 読売新聞 1952-09-21 朝刊, 1.
・教委に戦犯推薦 長崎 巣鴨出所を問合せ, 読売新聞 1952-09-25 朝刊, 7.
・大切な教育委員の仕事 環境浄化に一役 千葉では通学バス運転, 朝日新聞 1952-10-04 朝刊, 3.
・新教委法成立す 賛成一三四 反対六九, 朝日新聞 1956-06-03 朝刊, 1.
・新教委法のもたらすもの, 朝日新聞 1956-06-03 朝刊, 1.
・農民議会”摩擦”なし?! 農業委員選挙, 読売新聞 1987-07-08 東京朝刊, 25.
・ゴミめぐり選挙白熱 久留米市・高良内財産区議会選, 朝日新聞 1991-09-26 西部夕刊, 12.
水産庁報道発表資料 第21回 海区漁業調整委員会委員選挙の実施について

選挙ドットコムさんに寄稿しました(テーマ: 票の数え直しと当落逆転)

選挙情報サイトの選挙ドットコムさんに以下の記事を寄稿しました。

go2senkyo.com

今回は2017年の葛飾区議会選で最下位当選者と次点候補が1票差であり、次点候補が異議申し立てを行った結果、最下位当選者の2票が無効票となり、逆転となったことから、このような票の数え直しが起こる理由を紹介し、数え直しの結果、国政で起きた389票差の逆転劇や「ヒゲ」と書かれていた票が髭をトレードマークとしていた候補の有効票となったという事例を紹介しています。

記事中では紹介できなかった面白い事例として2001年の青森県の天間林村議選の事例を紹介します。ここでは最下位候補者と次点候補者の差が0.462票しかなく、次点候補者の申し立てにより、票の数え直しが起きました。その結果、最下位当選者と次点候補の逆転が起き、逆転で落選した候補が異議を申し立て、泥仕合になることが予想されました。しかし、突如、他の村議が辞職を申し出たため、最下位当選者、次点ともに最終的に当選することになり、異議申し立てを取り下げるという出来事が起きています。

今回の参考文献情報は以下の通りです。

・桜内氏の当選保留, 読売新聞 1950-06-09 朝刊, 1.
・桜内氏の当選確定, 読売新聞 1950-06-13 朝刊, 1.
・桜内氏当選無効 広島高裁判決, 読売新聞 1951-02-23 夕刊, 1.
桜内義雄氏失格 最高裁で判決, 読売新聞 1951-10-30 夕刊, 1.
・天間林村議選で異議申し立て=青森, 読売新聞 2002-01-08 青森朝刊, 36.
・天間林村議選 次点繰り上げ 再集計1.315票差で当落逆転=青森, 読売新聞 2002-01-17 青森朝刊, 26.
・天間林村議選 審査の申し立てを取りやめ=青森, 読売新聞 2002-02-14 青森朝刊, 30.・出直し鳴門市議選 当選無効の申し出=徳島, 読売新聞 2005-12-29 徳島朝刊, 27.
・徳島・鳴門市議選「ヒゲ」と書いた1票有効 最下位当選者の通称認定/高裁判決, 読売新聞 2006-11-06 東京夕刊, 14.
・0.7票差の落選者 異議を申し立て 相模原市議選, 朝日新聞 2015-04-28 さがみ野朝刊, 29.
・「逆転当選は無効」 相模原市議選 小林氏申し立て, 朝日新聞 2015-06-11 さがみ野朝刊, 25.
・新たに5人 票増減 相模原市議選 県選管が点検 小林氏申し立ては棄却, 朝日新聞 2015-08-08 さがみ野朝刊, 25.
相模原市職員を白票操作で処分 選管元事務局長ら停職, 朝日新聞 2016-02-20 さがみ野朝刊, 29.
相模原市議選で落選 前市議の上告 最高裁が棄却, 朝日新聞 2016-06-16 横浜朝刊, 25.
・白票8票少なく偽る 相模原市議選 選管、告発へ, 朝日新聞 2016-07-09 朝刊, 37.
高松高裁平成18年11月6日平成18(行ケ)2.