Experiments of Actin

『インディーズ候補』(泡沫候補)の特徴的な選挙活動を中心に少し変わった選挙、政治関係の話題を取り上げているブログです。

同人誌通販いたします

(注:この記事は通販受付中は一番上に来ます)

2017年8月の夏コミで頒布いたしました『補導聯盟通信 2017年夏号』の通販をいたします。価格は大変申し訳ないのですが、梱包コストの関係上、コミケの時とは異なり、『補導聯盟通信 2017年夏号』は1冊600円(送料別)となります(2冊以上購入の場合、2冊目以降は100円引きになります)。『補導聯盟通信 2017年夏号』の内容については下記リンク先を参照してください。

actin.hatenablog.com

2017年7月に東京都議会選が行われましたが、今回の新刊は都議会選特集として、大きな記事が2つあります。

1つは私が執筆した『都議選はなぜ7月に行われるのか 1965年東京都議会の議長選不正事件と自主解散』で、これは都議会選が7月に行われる原因となった1965年の大規模な都議会議長選の不正事件と自主解散に至るまでの騒動を取り上げています。これは当時、第一党であった都議会自民党の議長予備選挙において、大規模な贈収賄が発覚し、都議会自民党所属の議員が20人弱、逮捕起訴されたことをきっかけに都民の不満が爆発。都議会解散の機運が高まったものの、様々な問題があったため、最終的に国が介入して、法的な整備までも行い、都議会を解散するまでの顛末を紹介しています。

もう1つは不明庵拙斎さんが執筆した『「舌はまだあるか…?」 2017都議選 個性派候補達の演説を評す』で、これは今回の都議会選に立候補したインディーズ候補の演説を様々な角度から採点するというものです。採点対象になった候補はマック赤坂、立花孝志、後藤輝樹、高橋しょうご、武田完兵の5名です。非常に読み応えのある記事となっています。

この他、神学部の授業内容を紹介した記事や自衛隊関連の読み物、漫画などを掲載しています。

新刊以外の既刊も通販をしております。内容詳細は下記の本のリンク先を参照してください。(いずれも価格は送料別、2冊以上購入の場合は2冊目以降は100円引き。)

『補導聯盟通信 2016年冬号』(600円)
『補導聯盟通信 2016年夏号』(600円)
『伝説の桑絹村長選 村長選に202人も立候補者が出た村』(500円)『補導聯盟通信 2011年冬号』掲載の同名記事の再販版)
『補導聯盟通信 2015年冬号』(600円)
『補導聯盟通信 2015年夏号』(600円)(完売)
『補導聯盟通信 2014年冬号』(600円)(完売)
『補導聯盟通信 2014年夏号』(600円)(完売)
『補導聯盟通信 2013年夏号』(600円)
『補導聯盟通信 2012年夏号』(600円)

購入をご希望の方はkokuminhodo@gmail.com(スパム対策の為、@は全角になっていますので、半角に修正をお願いします)に希望する本と冊数の連絡をお願いします。折り返し、振込先等の各種手続きのご案内をいたします。なお、「2015年夏号」「2014年冬号」「2014年夏号」は完売しました。希望者がある程度いる場合は増刷をしますので、よろしくお願いいたします。

同人誌に興味があるが、コミケやイベントに行く機会が無かった方など、ご検討いただけると幸いです。

選挙ドットコムさんに寄稿しました(テーマ: 過去の利島村長選)

選挙情報サイトの選挙ドットコムさんに以下の記事を寄稿しました。

go2senkyo.com

今回は1984年を最後に選挙戦が行われておらず、今回の2017年に33年ぶりの選挙戦となった東京都の利島村長選について、このような長期間無投票になった理由の1つと思われる過去の利島村の状況を紹介しています。

補足情報ですが、1980年の怪文書事件で議長と副議長が職を辞した事を述べました。この際、新しい議長・副議長を決める必要がありましたが、ここで珍しい事が起きています。まず、1回目の投票では全ての村議が白票を投じ、議長・副議長を決定する事ができず、2回目の投票でも決定する事ができませんでした。そして、3回目の投票において、ようやくUターン派の村議2名が議長・副議長になる事が決まりましたが、この2名はいずれも共産党所属の議員であったため、議員が6名しかいない小さな議会とはいえ、議長・副議長を共産党が独占するという異例の事態になったのです。

今回の参考文献情報は以下の通りです。

・てんやわんや 新旧”激突” 伊豆・利島, 朝日新聞 1973-09-20 東京朝刊, 21.
・前村長ら告発 証拠は不充分 伊豆利島紛争, 朝日新聞 1974-03-28 朝刊, 18.
・議会リコールの動き 伊豆・利島 政争激化の一途, 朝日新聞 1974-03-12 夕刊, 10.
助成金を着服 利島村議逮捕, 毎日新聞 1979-11-09 東京朝刊, 21.
・村長、正・副議長が辞任 利島村臨時議会『請願』審議めぐり紛糾, 東京七島新聞 1980-03-08, 1.
・雑記帳, 毎日新聞 1980-03-16 朝刊.
・小さな島の大きな騒動 利島, 朝日新聞 1980-03-23 朝刊, 20-21.
・長岡氏が立候補 利島村長選告示, 朝日新聞 1980-04-17 東京朝刊, 21.
・島外の長岡氏当選 利島村長選 元助役を破る, 朝日新聞 1980-04-14 東京朝刊, 21.
利島村長選に2氏 現長岡VS新井上で一騎打ち, 東京七島新聞 1984-04-08, 1.
・長岡氏が大差で当選 利島村長選 手堅い実績評価される, 東京七島新聞 1984-04-18, 1.
・無投票続く鳴沢村長選 最後は32年前 接戦で村二分, 朝日新聞 2012-01-28 山梨朝刊, 29.
・36年ぶり選挙戦 同級生対決 鳴沢村長選あす投開票, 朝日新聞 2016-01-30 山梨朝刊, 29.
中山由美, 「棄権なら村八分」 322人の島、33年ぶり村長選, 朝日新聞デジタル 2017年11月8日07時23分.

選挙ドットコムさんに寄稿しました(テーマ: 2017年衆議院選の死票率)

選挙情報サイトの選挙ドットコムさんに以下の記事を寄稿しました。

go2senkyo.com

今回は2017年衆議院選の小選挙区死票を算出し、最も死票率が高かった選挙区などの情報や小選挙区制のメリットとデメリット、民意と議席のかい離を減らすためにはどういう方法を取ることができるかなどを紹介しています。

補足情報ですが、前回2014年の全選挙区の死票率も算出しました。ヒストグラムは下図のようになり、50%超55%以下が最も多く、次に45%超50%以下という結果になっています。なお、2017年の中央値が48.5%に対し、2014年は49.2%で、死票率50%以上の選挙区は134あり、2017年の時より50%以上の選挙区は割合は多かったというデータが得られました。

f:id:actin:20171102205238p:plain
図 2014年衆議院選の時の死票率データ

ちなみに最高死票率は群馬1区の67.0%、2位は大阪10区の65.7%、3位は長野3区の65.6%でした。一方、最低死票率は神奈川11区の16.7%、下から2位は富山3区の18.8%、下から3位は鳥取1区の19.7%でした。